So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

黎明 斉藤ルートクリア [薄桜鬼]

2saitou.jpg
http://www.otomate.jp/hakuoki_reimeiroku/
公式サイトで発売記念ショートストーリーが公開されていますね。
黎明録をやる前に読んでおくといい内容でした。正直、ゲームのシナリオにも入れててほしかったかな。

ところで斉藤ルートようやくクリアです。
やっと黎明ひとりめですよ。
実は一度バッドエンドになって、もう無理だーってなってました。
あと編成画面で友好度?が調整できるみたいですが、いまいちわからないー。もっとクリア重ねないとだめなのかな?(ちゃんと調べればいいんだけど、ネタバレも怖くてあんまりネットはまだ見てない)

やたら面倒見のよいはじめ君でした。剣のことになると雄弁、というよりオタク。自分の知識をつい披露しちゃうんだよね。あと声が低いというか、張りがないのでたまに聞き取りにくかった。
というよりつい飛ばしちゃって、、、せっかくのフルボイスなんだけど、字幕読むと丸ボタン押しちゃうよね。
相変わらず土方さんが空気(本人のルートに入らないと)。

終盤に入ってからが結構長いです。
ちゃんと薄桜鬼本編につないでくれるシナリオでよかった。面白かった。
他の攻略も楽しみです。
最近ようやく自分が沖田最萌なんじゃないかなって思ってきた。

あと既読スキップが早くて(笑)助かったよー。
ノベルゲームがこんなに面倒だとは正直思わなかったよ。
薄桜鬼に関しては、このシステムでいいと思うけどね。

結局エンディングまで見て感じたのは、やっぱり薄桜鬼は乙女ゲームじゃないとだめだなって。
ひたすらノベル読むだけじゃきつかったよ。龍之介の成長みたいなのも気にはなるけど、最終的に出て行く、何か答えを見つけて旅立つのは前提なので、どういう目的でストーリーをすすめていいのやら、プレイヤーとして困惑した。そのせいで分岐もどう選んでいいのかわかんないし。
「ときめき」が欲しいんだよね。擬似的なときめきなんだけど、薄桜鬼本編は本当にやってて恥ずかしかったもん。恥ずかしいっていうのは、萌えみたいな、悶えてしまう的な。その気持ちを味わいたいがゆえのノベルゲーム。って冷静に言うのもちょっと恥ずかしいな。
なので黎明はちょっと半端だなあとは思った。

それとちょっとネガティブな部分だと、解像度が低いのと、BGMをもうちょっとガンバッテ欲しかった、のは残念だったなあ。ぶっちゃけて言っちゃうと、PSPで発売して欲しかったなあ。
PS2で発売する選択は理解できるけど、ゲームの性質上、PSPが一番相性がいいと思うんだよね。
実際PSPで薄桜鬼本編やって、そう思う。(まあDSでもいいんだけど)

PS3の性能は要らないし、随想録(巡想録)をPS3でやっていた時も、テレビの大画面でやるとさすがに恥ずかしくてさー。しかもデジタルだからテレビの電源は入るのも遅いし、PS2立ち上げるのも待つし。PSPに比べての話だけど。やっぱ布団に入りながらヘッドホンつけてフルボイス聞くのが一番いいよ。ニヤニヤしても恥ずかしくないし。PSPなら解像度も気にならないし。
移植はされるんじゃないかなって感じだし、それ待ったほうがよかったかも。

ちなみに攻略はここで見ました
http://half-a.net/games1/hakuokir.html


タグ:薄桜鬼
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。