So-net無料ブログ作成

ブックオフでセールだったので [本]

book.JPG

1冊80円だったのでたくさん買ってしまいました。

でも実は、「ジウ」は1冊400円です、、、がっかり。



ジウ
警視庁特殊犯捜査係
中公文庫
著者:誉田哲也

1巻は今年の正月に買いまして、、、最近ようやく読み終えたところです。
なので2、3巻まで買ってこようかな、と思って探したんですけど、最後まで読み終えるのって年末くらいかなあという感じ。
スピード感のある、新しい警察小説という触れ込みなんですけど、ちょっと首をひねるまどろっこしい展開です(読んだのが1巻だけなのでなんとも言えないんですが)。
うーんー、、、、
テレビドラマにもなっていますし、娯楽性が高いはずなんですけどどうにも地味、しかも女性が主役なんですけどこれまた魅力があまりない。作者が男性だからか女性的思考が全く上滑りしている描写が多々あるんですよねー。こんなバカ女いないっつー、そんな印象(というか、かなり女性思考というものを作者が馬鹿にしている印象すらあるんですよねえ、、、気のせいかなあ)。

それでも続きを読もうと思ったのは、やっぱり「続き物」として完結しているなら読まないとスッキリしないっていうのと、特殊急襲部隊の描写が読みたい、これに尽きます。
非常に綿密な取材と豊かな想像力で描かれる事件は惹きつけられます。

テロを特殊部隊が制圧する描写って、濃度が高くて面白いんですよね。
ハリウッド映画でもよくみますよね。
とりあえずこれ、シリーズになってて、「ジウ」のあとに2冊、別に出ていますし、ジウを読み終えてからもう一度感想をおこしてみようと思います。人気があるには理由があるはず(多分)。

「英国の流儀」
「英国・四季の彩り」
著者:林勝太郎

服飾評論家である林氏の英国スタイルの推進としての著書です。
多分に個人的な印象を含んで書かれた英国流儀のコラムをまとめた本なのですが、それが実際の英国の魅力を伝えてくれるような気がします。
まー、しかし英国は本当に紅茶ばっか飲んでる感じですよね(笑
英国に行きたくなります。
これもゆっくり寝る前にちょっとずつ読もうかと思います。

「中国古典笑話 」
著者:野末 陳平
【中古】 中国古典笑話 / 野末 陳平 [文庫]

1984年の本ですから少々古いです。
古書としてはそんなに古くはないですけど、それでもちょっとおんぼろになりかけていたこの本。
中国の古典ということで、まあ文体もちょっと通しては読みにくいんですが、かなりがんばっておちゃらけて書いて愉しませてやろう、そんな意気込みを感じる良本です、、、っていうか、まあトイレで読もうかな、笑い話ですからね。そんなお気軽さが必要でしょう。

「東京っ子ことば」
著者:林えり子
文藝春秋
東京っ子ことば / 林えり子【中古】

東京っ子、いわゆる江戸っ子の言葉を題材に、著者の雑学を披露という体裁の本です。
山の手、の雑学なんて知りたいと思いません?

「うわさの神仏」
著者:加門七海


うわさの、とタイトルにつくようにかなりゴシップ雰囲気を醸した本です。といっても信じるか信じないはあなた次第という都市伝説的なものではなくて、著者、加門七海が「それって本当はこうなんじゃない?勘ぐり過ぎ?」といったノリです。まあ著者自身がもつ説得力があるので面白いんじゃないかなあと、そういう期待で買いました。


「サイゴン・ピックアップ 」
河出文庫 /
著者:藤沢周


これは実は気まぐれで買いました。

最近ずっとお気に入りの作家のものしか読んでいないので、なんとなく手元にあったので買ってみた、そんなところです。てへぺろ~。

さてしばらく梅雨ですし本でも読んで過ごしましょうかね。

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ジョジョリオン(2) それからジョジョ [本]

jojorion.JPGjojo1.JPGjojo2.JPG
【送料無料】ジョジョリオン(2)

ジョジョリオン(2)
「東方定助という名前」

ジャンプコミックス 荒木飛呂彦
420円 2012年04月発売

ジョジョリオンの2巻がようやくでました。
1巻でまったく謎だらけだった展開が進むのか?ですけど、まだキャラが揃ってない感じです。というか吉良さん!登場と同時に、、、!
相変わらずのスタンド戦になってきましたよ。
この雰囲気というか、にらみ合いがキモの漫画ですからね。なんだかよくわからない事が起こってるのを考えながら読むのがジョジョ。
ただもうちょっと、話が進まないものかなあとは思います。

それからこんなチラシが入っていましたよ。

RIMG0088.JPGRIMG0090.JPGRIMG0093.JPG

この写真では全く伝わらない、イラストの良さ。


集英社新書 ヴィジュアル版 025V【まとめ買いで最大15倍!5月15日23:59まで】ジョジョの奇妙...

ジョジョの奇妙な名言集Part1~3
価格:819円(税込、送料別)

【送料無料】ジョジョの奇妙な名言集Part4~8

ジョジョの奇妙な名言集Part4~8
価格:819円(税込、送料別)



変人偏屈列伝の文庫が発売されることと、ジョジョの奇妙な名言集の発売チラシが片面。

それからジョジョの一番くじ、の内容です。
ブチャラティさんがジッパーの向こうから凄んでらっしゃいますが、一番くじはやってるとこ探すのが面倒というか難しいんですよね。なかなか近所でホイホイ見かけないので、ジョジョだし。カピバラさんはしょっちゅうコンビニでみかけるんですが。あとマクロスフロンティアとかね。

それからジョジョのガチャをひとつ見かけたのでやってみました。

gatya1.JPGgatya2.JPGgatya4.JPGgatya5.JPG

そりゃあスタープラチナが欲しかった。
花京院が嫌いってわけじゃない、わけじゃないけど、花京院はさあ。ねえ。
スタープラチナがいいじゃーん。

なのでガチャったのに何日も写真もとらずに、ブログにあげることもなく放置、、、ごめんなノリアキ。いや花京院はかっこいいよ。たしかに。

はー、それにしてもここんとこ忙しくて、体調が今ひとつです。
みなさんも気をつけて~。


タグ:ガチャ jojo
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ハッピーツリーフレンズ [本]

地元に年末帰っていたところ、西友でこんなものを発見!
財布の紐がゆるんだ年末年始、つい買ってしまいました。

http://www.happytreefriends.com/
(公式 ※閲覧注意 理由は http://ja.wikipedia.org/wiki/Happy_Tree_Friends

【送料無料】HAPPY TREE FRIENDS

【送料無料】HAPPY TREE FRIENDS
価格:1,365円(税込、送料別)



公式ムック
限定トートバッグと、ミニポーチつき



マチがないので雑誌を1冊、2冊入れるくらいの大きさです。
ポーチ、っていうほうも正直コインケースくらいの大きさ。まあそんなもんか、、、、?

HappyTreeFriends1.JPG

ちなみに、この本に「日本語版の公式サイトもオープン!」って記事があるんですが、、、

http://www.happytreefriends.jp/
(ここです)

まだ準備中でした。
あー、、、うーん?

HappyTreeFriends2.JPGHappyTreeFriends3.JPGHappyTreeFriends4.JPGHappyTreeFriends5.JPGHappyTreeFriends6.JPGHappyTreeFriends7.JPG

きゃりーぱみゅぱみゅとのコラボページも!

ちなみにハッピーツリーフレンズ、いわゆるハピツリですが、なんで今頃?っていうくらい最近グッズをみるようになりました。YouTubeで随分まえからたまに見ては「げんなり」するっていう楽しみ方をしていたんですが、ビレバンが流行らせた?の?
その流れでかはわかりませんがpixivでも一時、流行ってましたよね。わかるよ、わかる。



薄い本ですので、そんなに情報は多くないんですが、キャラごとの名前がわかったのがうれしい。
いままでよくわかってないまま、YouTubeみていたので。



この腕時計は持ってます。
けっこう派手で可愛いですよ。安かったですし。



あとこれも買いました。



シャツほしいですね~





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:キャラクター

ジョジョリオン1巻 読んだ! [本]

ジョジョリオン(1)
荒木飛呂彦 集英社

jojolion2.JPGjojolion1.JPGjojolion3.JPG

カバーを取ったところも、おっしゃれー!
デザイン性が相変わらず高い。

1巻がようやく発売ですね。
ジョジョ第8部、ですけど、7部がおわってすぐに連載開始、なんてやっぱりすごい。
ジョジョしか描いてないじゃんって言ったらそうなんですけど、、、、。
なんせ何描いてもジョジョになっちゃうらしいんですわ。

女子高生の広瀬康穂が記憶喪失の謎の青年を発見したことから事件がはじまる「ジョジョ」です。
謎の青年が、ジョジョのような感じ、、、?

舞台は杜王町、といえば第四部ですよね。モデルは仙台。
ジョジョリオンは、その四部の町と同じなんだけど、関係はないそうです。コミックスの作者コメントには、全く関係ないので、読んでなくても、記憶になくても大丈夫!って書いてあります。

第四部好きだったから、リンクさせてもらってもいいんだけど、なんて思ってしまう。

読んだ感想としては、これ第四部読んでないほうがいいんじゃないか?ってくらい、混乱します。これからどんどん謎がとけていくんだろうけど、第七部の時みたいな同姓同名ぽい登場人物がでます。

にしても、ジョジョだから許される構成なんじゃないかなあ、って思いましたね。

1巻にして、ほとんど人物描写がなく、いきなりの事件、しかも1巻使っても解決していないし。
わりと物語の導入としては読者がついてこれなくて難しい、固定ファンがいるからこその芸当ではないかと。もちろん続きが気になる!っていう展開は維持しつつ。
あと件の震災後のお話、という明確な描写を許容できるのもネームバリューじゃないのかな。マイナーな雑誌ではないだけに。

1巻なんですが、まだ面白いのか面白くないのかすらわからない雰囲気ですね。
多少気になるのが、絵のタッチがスティール・ボール・ランの時はジャストフィットだったんだけど、今回はちょっとみんなイケメンすぎじゃないのかなってところですかね。前からだったけど、気合入れたドヤ顔が同じなんだよね、、、ふふ。



キラー・クイーンがどこかに潜んでいそうな町、杜王。

ジョジョも25周年か。早い、早いよ全く。
年末だからか時の流れというものが深く染み入る。


【送料無料】ジョジョリオン(1)

【送料無料】ジョジョリオン(1)
価格:460円(税込、送料別)

 
3,150円以上で送料無料!モバイル&携帯ゲームに!ジョジョの奇妙な冒険 デコレーションシール[...

ジョジョの奇妙な冒険 デコレーションシール
価格:1,050円(税込、送料別)



広瀬っていったら、コーイチくんだよね。


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

よつばと!11巻 買った読んだ~ [本]

RIMG0453.JPG

ちょっとだけ発売を楽しみにしていた「よつばと」新巻

たしか「10月20日からの約1週間」の話なんだよね
これほど作中の時間がゆるやかに過ぎていく漫画ってあっただろうか

そりゃ野球漫画や麻雀漫画であるといえばあるけど、あれは心理を描くがゆえに結果そうなって、ってここで引き合いにだすほうが間違ってるか

よつばとの世界は掛け値なしに美しい

RIMG0458.JPGRIMG0456.JPGRIMG0457.JPG

あさぎが時々いい仕事をするよね!

だんだんよつばが賢くなっている気がするんだけど
子どもって賢いのかそうでもないのかわからない時があるよね

わたしは小学生の頃から自我があった記憶が、、、、いや記憶がその辺からしかないのかな
でも出来事の記憶なら幼稚園の頃のもあるけどなあ
小学生の頃なんて毎日泥まみれで遊んでた
田舎は楽しいよ
ファミコンもゲームウォッチもあったけどな!ふふふ

【送料無料】365 Days of Danboard

【送料無料】365 Days of Danboard
価格:1,365円(税込、送料別)



正直、このダンボー写真集、買うかどうか非常に迷っている
だって本屋でみたら意外に小さいんだもん
値段は写真集としてはお手頃なんだけどね
ダンボーも叙情的な顔するんだなー
アンニュイみたいな?(ちょっと違うか)


タグ:漫画
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

漫画四冊 [本]

ここんとこで買った漫画などご紹介

RIMG0444.JPGRIMG0443.JPG

 トニーたけざきのエヴァンゲリオン (角川コミックス・エース) (コミックス)

発売日:2011/10

トニーたけざきのエヴァンゲリオン漫画。
原作の内容というかテーマが青春なだけに、そのパロディ漫画もやや桃色的ではあるが、でもまー、あくまで笑いをとる性のEssenceですよ。いや下品だとは思うけどね。
にしても絵の模写がうまいです。たしかに原画は描きやすいタッチなんですけど(そりゃそうだ分業するアニメだもの)腰の細さなんてかなり良い感じに描いてあるんじゃないかなあ、誇張気味な部分も含めて楽しめる。
とにかくシンジの自我が崩壊するコマが大好きだ。ずっと見ていられるくらいだ。
あとリッちゃんの「潔癖症は苦労するわねー」っつー設定もひどい。夜布団のなかでずっとそう言わしめる彼女の背景について妄想していたら眠れなくなった。

RIMG0440.JPGRIMG0441.JPG

【送料無料】トニーたけざきのガンダム漫画(2)角川コミックス・エース

発売日  2007/4

トニーたけざきのガンダム漫画2巻
これねー、高かったの。値段が。でも1巻持ってて、2巻とばして3巻買うわけにいかなくてねー。
高い理由がページの半分以上がフルカラーだし、しかもガンプラ漫画っていう手間のかかりよう。納得。納得はするけど高い。
しかもガンプラ漫画が読みにくくて苦労した。たぶん線画にわたしの目が慣れているせいで立体を認識する能力が低いんだろうなと思うんですけど。
内容はいつものトニーたけざきのガンダム漫画です。
この人の漫画って時々、オチがついてないときがあるよね、冷静に読み込んじゃうと。そういうとこに面白さがある人ではないんだけども。ザクを20体くらい撮影(そして漫画に)するために作っちゃうようなとこが面白いわけで。
にしてもちょっと前の本でしたね。

RIMG0438.JPGRIMG0439.JPG

【送料無料】兄さんと僕 花とゆめコミックス

発売日  2011/9

兄さんと僕 西炯子 著
あにさんと、ぼく、ですけどこの表紙の子どもが兄さんです。
落語家に弟子入りしている「間抜けすぎる一番下っ端弟子」の話でして、その一家全体のお話ですね。絵の雰囲気のとおりドタバタとしております。1冊でまとまってて読みやすいですけど、もちょっとキャラのそれぞれをまだ読みたいなって思います。

西さんといえば、えーと、ウイングスの頃読んでた感じでして、それからもちょこちょこ本屋でのぞくような読み方なんですけど、長く描かれている間にずいぶんタッチを描き分ける方になったんだなあと思いました。つまり勢いのある漫画を描くときは、線が少々ゆがんでてもその仕上がりを大事にする、また繊細な心情のシーンは丁寧に描く、といったことです。いえ、以前は全体的に繊細な線で描くタイプだったと思うんですけどね。(ああでも、ずっと追って読んできたわけではないので、そういう印象、という程度です、ファンの方怒らないでください)
ざっくり言えばこの本だけ読んだら、タッチ変わったなーって思けど、こないだ「娚の一生」読んだら今回ほどは感じなかったなあと思いまして。
そりゃ「三番町萩原屋の美人」の頃とは画力も違ってくるんでしょうけどね。


RIMG0436.JPGRIMG0437.JPG

 西炯子エッセイ集 生きても生きても (フラワーコミックスルルルnovels)

発売日:2011/11

生きても生きても 西炯子エッセイ集
こういうの好きなんですよね。しかも古い雑誌掲載分から収録。歴史を感じます。
有り体にいって同人やってた人みたいな、そういう感じの人(実際はわかんないんですが)の文体ってなんとなく馴れ馴れしくて、なんとなく上から(なんとなく)で読んでてむずがゆいんです。それがまたいい。思い込みが激しいからそういう文章になるんだと思うんですが、独りよがりというか。エッセイなんてみんなそうなんでしょうけど、それが漫画家のものになると、あまり気を使わない、文章になってて面白いんです。
そうじゃない、あまりくだけた文章を書かない方ももちろんいらっしゃいますが。
識者なんかのエッセイだとあっちこっちの方面に向かって気を使って回りくどいことが多い。
たぶん漫画家だとそのへん開き直ってるんだろうなと思います。口語調がひどくて読みにくくなってしまうこともありますけどね、自分の文章に自分でつっこみを書くとか、時代を感じる流行語がひどいとか。
そういえばいま私が書いているブログだってそうですよね。

急に最近、西さんの漫画が店頭に並びまくっていてつい買ってしまった次第です。



こうして並べると、まー、芸達者なんだな、と今更思いました。




タグ:漫画
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

スカイ・イクリプス [本]






スカイ・イクリプスが発売された当時、限定販売で「散香」のダイキャストが同梱されているバージョンがあったのでついつい買いまして、こないだ整理してて写真をとったのでupします。
どれくらい売れたんですかねえ。この時、赤い、イクリプスバージョンと、青いいつもの散香とふたつ出たんですよね。鬼畜め。だって高かったんだもん。青いのも欲しかったなあ。スカイリィとの販売だったらふたつ買ったかもしれない。

RIMG1847.JPG

RIMG1846.JPG

RIMG1840.JPG

RIMG1842.JPG

RIMG1841.JPG

箱も一緒についていまして、ハードカバーのほうの本を全部入れることができます。
わたしは文庫のほうを買っていましたので、箱も活用できず(泣。
しかもイクリプスは2冊手元にあるって結果に。

RIMG1853.JPG

RIMG1851.JPG

設定です

RIMG1854.JPG

スカイ・クロラシリーズはちょっと文庫になったりいろんな形で出ていて、買いにくいなあとは思います。やっぱりハードの写真がカバーになってる分を全部揃えるのが一番綺麗でいいと思います。
巻数はそんなにないので、揃えるのはわりと容易です。
読みやすいのは文庫ですけどね。もちろん「スカイ・クロラ」から買って読むことをオススメします。イクリプスはおまけみたいなもんです。


もう売り切れだと思うんですけど、、、一応、貼っておきます。






映画も見たんですけど、やっぱり絵はちょこっとでいいかなあ。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

モテキ 全巻よんだよ [本]



モテキ 全4巻
久保ミツロウ 講談社イブニングKC

ようやく全巻読みました。
テレビドラマになる頃に途中まで読んでたんだけど、どうしても最後まで読む気分にならなくてそっと熟成させていました。

だって全編心が痛むの。読んでられないの。見てられないの。

恋愛に関して臆病で妄想しすぎで期待しすぎな30歳という設定。そして卑屈な性格と恵まれない環境。定職に付けず付き合った人が居ない暦ほぼ年齢。
いたたたた、痛いよ痛い、もうやめて読者のHPはゼロよ、だ。

4人のメイン女子を中心に上記のような男子が恋愛に右往左往する展開なんですけど、これがもう女子版としても十分変換がきく内容で辛いのなんのって。

というか、こういうオトコって居るよねーって思ったらイライラしてきました。やたら女の子に対してウジウジ考えに考えてちょっとした電話ひとつするのに何時間も悩んだり、ちょっと笑顔で会話ができたくらいで恋愛にすぐ結びつけて考えたり、とにかく反応が敏感なオトコ。それでモテる、モテないこともないっていうとやっぱり実際ちょっと顔がいいんだよね。現実だと。雰囲気のいい清潔感のある青年というベクトルが多い気がする。正統派な美形ではないけどやっぱり整っているというか、鼻筋が通っていて遠目でイケメンな感じ。いや、別にイケメンでいいんだけど、作中のように自分にダラしない性格だから太っちゃったり、自分を正確に客観視することが苦手で変な服装になっちゃったり。そういう万人受けとはちょっと違う感じ。

あとまあ「情け無い、女々しい、頼りない」っていう、母性や父性のような保護愛以外では好感度を上げることが難しい、、、、成人男性、、、、あー。
いやいや、イイところもあるんだよ、物事にまっすぐに当たれるからこそ、全てにきちんと反応するし、人の心を気遣うからこそ優しいし。

でもいい年になってそれだとめんどくさいよねー。純粋さを持ったまま大人になる、なんて幻想だと知ってて付き合いたいじゃん、レクチャーするほど暇じゃないのにさあ。

土井亜紀もめんどくさいって。

そういう主人公、フジ君がひたすら4巻かけて恋愛に奮闘します。もうそれしかないです。なので途中で心が痛いのと、展開が恋愛のみっていうので読むのをやめてたんだけど、コンパクトに4巻で終わっている作品なのでそこがよくて全部読みました。
結局、右往左往する部分を楽しむマンガであって、オチはそんなに期待してはいけないです。大団円になっちゃうとフジ君のリアルさが台無しになるでしょ。

やー、こんなリアルな心理描写はたまにでいいなーって感想です。ほんと心が満身創痍です。
いつかちゃんの初体験なんて、酷いことこの上ないよ。夢も希望もないよ。でもリアル過ぎて否定もできないよ。
あうあうあー。

小宮山夏樹みたいな女もリアルに居る(さすがに東京から長崎まで遊びでくるようなのは現実感ないけど)。

テレビドラマに向きに向いてる題材というか原作だよ。そっちは見てないけど怖いもの見たさはある。

これねー、何も解決しない、何も成長しない、物語なんだよね。
それってとてつもなく人生を表していると思うんだ。
そしてそんなこと、わざわざマンガで読みたくないじゃん。
そういう意味で問題作です。面白かったけど。
演出もよく研究されていて、そういう部分もいい。女性誌が日々創り上げる「受け」を笑う風潮もあるし(そこを勘違いしてこれを読んでしまうのが本物のスイーツだけどさ)。

もうすぐ映画も公開されるみたいなのですが、映像で観る恐怖に打ち勝てるのだろうか、、、、。
http://www.moteki-movie.jp/index.html
(映画公式)




【送料無料】モテキ DVD-BOX

【送料無料】モテキ DVD-BOX
価格:13,566円(税込、送料込)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

マッチポンプ売りの少女 読了 [本]



マッチポンプ売りの少女 童話が教える本当に怖いお金のこと
マネー・ヘッタ・チャン
あさ出版

「経済は出来レース。」

【著者】
マネー・ヘッタ・チャン(マネーヘッタチャン)
ビジネスサブカルチャー作家。2010年「日本タイトルだけ大賞」初代グランプリに輝く。

いや、もう、タイトルと装丁みて吹き出して即買い。
パラ見の段階で内容は薄いのは把握したけど、あまりのインパクトにゲラゲラ笑いながら買ってしまった。そういう力がある本です。

マッチポンプっていうのは、自作自演というか。
例えば価格グレードが上から松、竹、梅、ってあったとして、なんつうか、人は竹を選びがちですよね、でも実はタケもウメも質のグレードは同じ、そういうカラクリを書いた本です。価格の幅が広いほど腹がたつでしょう?

内容は、インターネット的うわさというか、ネトウヨ的なというか、その周辺に張り付いてる人間にとっては知っているようなことです。なので目ウロコはそんなにはないんだけど、でもこうして要点をまとめられると読みやすいですね。編集も読みやすくできている。

こういう読みやすい内容が、もっと実名で書かれていて雑誌に連載されたりするといいなあと思いますけどね。そりゃあ週刊現代とかでやってるとは思うけどさ。

 
【送料無料】「お客様」がやかましい

【送料無料】「お客様」がやかましい
価格:819円(税込、送料別)

 
【送料無料】就活のバカヤロ-

【送料無料】就活のバカヤロ-
価格:861円(税込、送料別)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

大奥 最新刊(7) [本]

     
   

大奥の最新刊が出ていたので買って読んでいたら、1巻が気になってきて勢い全部読み直し。
おかげで寝ていない。
今日は病院いったりするんだけどなあ。

正直、ようやく「おもしろい!!!」って感想が言える巻に来たな、と思う。
刊行されていた分もドラマチックで奇想天外なのは認めるし続きが気になる~、っていうのはあったけど、それでも面白いかどうかはまだわからなかった。なんていうか、この大風呂敷がどうなるのか見当がつかなかった。

ここにきて1巻まで展開が戻ってきて、というか、1巻が終わったところでこれ、話が過去に戻って、んで1巻に続いてくる展開なんですね、それで一気に高揚感がきました。
だって1巻に戻るのはわかっているのに、いつまでこの恋愛歴史が続くんだろうとは思っていたので。

登場人物が多いし、まあ髪型も着物も時代劇モノなので似たり寄ったりで、仕方ないんですけどちょっと誰が誰だったかわからなくなったりもして、それで今回全部読み直してみました。美形設定になると顔のかき分け難しいでしょうしね。
結構なボリュームで読み応えはあります。ここから怒涛の最終章に突入してくれるといいなあ。

ほとんどが男女の苦しい恋を中心にした「大奥」を舞台にする物語です。設定はキワモノというか男女逆転設定の大奥(将軍が女で、男がたくさん用意されているっていうことです)なので、最初わたしもこの作家だからそういう内容かなあ、ってちょっとは思ったんですけど、わりと硬派な方向でした。
んー、そういう内容っていうのは、もっともっと精神的な恋愛模様、のみ、を取り上げる感じかなあって、男達の。ちがった。まあそういう作品が多い作家さんですのでね。もちろんそれはそれで、切なくて好きなんですけど、大奥っていう材料はやっぱり政治話の比率も高くなるようで、「大作」の風格がある作品です。

多少、やっぱり動きのある構図や、群勢を描くことに慣れていない描写はあります。特に明らかにアシスタントさんなのか、タッチが違う方が描いているシーンも少なくなくて、ちょっと気にはなります。

ただ忠臣蔵や江島生島事件なんかを要所要所で絡めてくるあたり、練られているなと思いました。
映画にもなった作品ですし、どう、終わらせてくれるのか楽しみです。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック